« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

電気は見えないのですな

2015043011280000
155を電気自動車に改造しました。
うそです。

ガソリンと違って、残量が見えない(気がする)ってのは
不安ですよね。
というものの、私の16Vも燃料計が不安なことになって
おりますが。

2015042912400000
連休初日、部屋の掃除をすませて、一度あし車の洗車に
出てから、16Vで出かけました。
高速は混んでいるようなので、茨城の下道を適当に走り、
途中から北関東道に乗り、常磐道へ。
いつものR118をたんたんと走ります。

2015042915310000
時間に余裕があったので、途中のGSで洗車しました。
地方のGSはスペースが広いのでよいです。

2015042916570000
向こうの高架は東北新幹線です。
なんだか妙に本数が多いなぁ、と思ったら、
4時間も不通だったのですね。

2015043011280001
夕方、もうすぐ宿につく頃になって、ウインカーが点滅
しなくなりました。
翌朝、リレーの位置を確認したところ、青いのがそうらしい
ので、念のため交換しました。
(たまたま積んであった)
以前より点滅が遅いような?
途中で再度もとのリレーに戻しましたが、症状は出ず。
熱で誤作動するようになったのか。様子見です。

2015043008450000
さらにR118を西へ走ります。
りんごの花は終わりが近そうです。

戻ってきて、8Vを洗車しました。
クラッチはゴムひもがなくても戻るようになりました。
エアコンは効いているのかいないのか、なんとも微妙
な感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

連休前

2015042214060001
神田。
いちばん手前が中央線、その向こうが山手線/京浜東北、
奥の1Fが東北新幹線、上が今回のダイヤ改正で使われる
上野東京ライン。
個人的には、上野東京ラインの新設は、北関東側(東北線、
高崎線、常磐線)のメリット大と思います。
(逆に、東海道線側はあまりメリットない?)

2015042411150000
JR西日本。
へんな改造をされた115系で伯備線。
内装は特に変わりもないですが。

2015042513040000
戻ってきて、久しぶりにまともな昼食。

連休も近くなってきました。
天気もいいようですし、何をしようか思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

花見など

2015041814350000
2015041814360000
2015041814290000
エアコンの修理が完了した8Vを受け取って、そのまま
常磐道に乗って、ひたち海浜公園に行きました。
チューリップとネモフィラ、どちらも5分咲きとのことです。
風が強かったので、早々に退散してきました。

2015041814500000
エアコン修理の他、クラッチのエア抜き。
結構エアが噛んでいたとのことです。
ぼろぼろのエアクリーナーは、ついでという
ことで、CDAに交換しました。
今回はちゃんと見える。

2015041816110000
しばらく走っていると、アイドリングが1800rpmくらい
から下がらなくなりました。
エアクリの交換の影響か、とも思いましたが、翌日
しばらく走っていると下がってきました。
スロットルがきちんと戻らないことがあるようです。
しばらく様子見です。
エアコンはちゃんと効くようになりましたが、外気温
表示のランダム振りは相変わらずなので、24℃設定で
突然温風が出てきたりする状況は残っています。
まぁ、そんなこんなはありますが、とりあえずきちんと
走れていますのでよしとしましょう。

2015041915370000
おかいものだって、できるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

冬眠おわり

2015040416020000
当初予定していたことが延期になったので、
16Vのカバーを取りました。
4ヶ月ぶりの始動なんですが、全く問題なし。

となりのくるまも、ちょっと考えたんだけど、
やっぱりでかいなぁ。

2015040509040001
関越トンネルを越えました。
そのまま、R252で六十里越にまわろうと思ったのです
が、さすがに県境は通行止め。
戻って、沼田から日光に抜けてやろうと思ったのです
が、金精峠は今月末まで通行止め。
おとなしく戻ってきました。

2015040514050000
お。
冬眠からさめたか?
と、思ったら、その後また、ねてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »